Browsing Category

機械技術者

機械技術者

現場と検定
問題の解きかた 機械製図編 2018年版

2018年2月25日
現場と検定 問題の解きかた 機械製図編

ちらよみPDF

2017年10月20日刊行 
問題の解きかた編集委員会編

※試験対策をより十全に…「過去年版付録」別途販売中
収録年以前の実施問題を、400円(税別)で販売しています。
ご希望の方は、注文フォームの備考に
<「○○年○月実施問題」購入希望>とご連絡ください。折り返しご連絡いたします。

過去の付録のみ購入をご希望の方は、本ページ最下段に記載したメールアドレスまで、
<○○職種「○○年○月実施問題」購入希望>とご記入の上、お問い合わせください。折り返しご連絡いたします。

本体価格2,400円

A5/336頁/ISBN978-4-88049-885-0

オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

問題の解きかた 機械製図編

機械製図1・2級技能試験の基準と細目………10

製図法マニュアル
1.製図とは
製図と図面…………………………………………20
製図総則(JIS Z 8310)……………………………22

2.機械製図(JIS B 0001)
基本事項……………………………………………24
図形の表わしかた…………………………………34
寸法の表わしかた…………………………………49
その他………………………………………………69

3.寸法の記入方法と各部品製図
製図-長さ寸法及び角度寸法の
許容限界記入方法(JIS Z 8318)………………71
製図-寸法記入方法-一般原則、定義、
記入方法及び特殊な指示方法(JIS Z 8317)…73
ねじ・ねじ部品製図………………………………84
歯車製図(JIS B 0003)……………………………93
ばね製図(JIS B 0004)……………………………100
転がり軸受製図……………………………………107
センタ穴の簡略図示方法(JIS B 0041)…………113
CAD機械製図(JIS B 3402)……………………114

4.各種記号と表示法
幾何公差表示方式・形状、姿勢、位置及び
振れの公差表示方式(JIS B 0021)……………116
幾何公差のためのデータム(JIS B 0022)………127
寸法公差および
はめあいの方式(JIS B 0401-1)………………132
製品の幾何特性使用(GPS)-表面性上:
輪郭曲線方式(JIS B 0601)……………………138
面の肌の図示方法(JIS B 0031) ………………140
油圧および空気圧図記号(JIS B 0125)…………143
材料記号(鉄鋼・非鉄金属記号)………………149
溶接記号(JIS Z 3021)……………………………153

5.製図上のポイント
よい図面・悪い図面………………………………162

6.製図用具・平面図法・テク
ニカルイラストレーションの基礎
製図用具……………………………………………171
平面画法……………………………………………173
テクニカルイラストレーションの
基礎(立体図の描きかた)……………………179

問題の解きかた
1 製図法  問題………………………………190
答えと解説………………………198
2 テクニカルイラストレーション
問題………………………………204
答えと解説………………………207
3 機械要素(ねじ/歯車/キー・ピン・コッタ・リベット・/軸と軸継手/軸受/巻掛伝動装置/リンク・カム・ばね・ブレーキ/管用機素)
問題………………………………211
急所………………………………217
答えと解説………………………234
4 機械工作法(旋盤/フライス盤研削盤/型削り盤・立削り盤/平削り盤/中ぐり盤/歯切り盤/ブローチ盤/手仕上げ盤/金型・治工具・機械組立て作業/鋳造・溶接・板金・製かん・表面処理/潤滑/工作測定)
問題………………………………240
急所………………………………248
答えと解説………………………273
5 材料   問題………………………………283
急所………………………………285
答えと解説………………………299
6 材料力学 問題………………………………301
急所………………………………304
答えと解説………………………306
7 電気   問題………………………………310
急所………………………………311
答えと解説………………………313
8 各種機械 問題………………………………314
急所………………………………315
答えと解説………………………327
9 実技試験について……………………………328

機械技術者

現場と検定
問題の解きかた 仕上作業編 2018年版

2018年3月11日
問題の解きかた(仕上作業編)2018年版

2018年4月10日刊行 
問題の解きかた編集委員会編
※試験対策をより十全に…「過去年版付録」別途販売中
収録年以前の実施問題を、300円(税別)で販売しています。
ご希望の方は、注文フォームの

備考に
<「○○年○月実施問題」購入希望>とご連絡ください。折り返しご連絡いたします。

過去の付録のみ購入をご希望の方は、本ページ最下段に記載したメールアドレスまで、
<○○職種「○○年○月実施問題」購入希望>とご記入の上、お問い合わせください。折り返しご連絡いたします。

本体価格2,400円

A5/336頁/ISBN978-4-88049-884-3

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

問題の解きかた 仕上加工編

共通間題

機械要素
問題(ねじ・歯車)…………………………………………12
答えと解説…………………………………………………16
問題(締結用機素・軸・軸継手・軸受・クラッチ・その他…25
答えと解説………………………………………………29

材料
問題(鉄と鋼・非鉄金属・非金属)………………………38
答えと解説………………………………………………41
問題(熱処理・材料試験)………………………………47
答えと解説………………………………………………50

材料カ学
問題(材料力学)………………………………………58
答えと解説……………………………………………60

製図
問題(製図法・各種記号)……………………………66
答えと解説……………………………………………69

電気
問題(電気)…………………………………………78
答えと解説…………………………………………80

安全衛生
問題(安全衛生)……………………………………83
答えと解説…………………………………………85

機械工作法一般
問題(切削油剤・潤滑)…………………………88
答えと解説………………………………………91
問題(工作測定・品質管理)……………………100
答えと解説………………………………………103
問題(油圧・空圧)………………………………112
答えと解説………………………………………113
問題(けがき・手仕上げ・ジグ・取付け具)………116
答えと解説………………………………………120
問題(工作機械・工具一般)……………………128
答えと解説………………………………………132
問題(鋳造・鍛造・製かん・板金・表面処理)……145
答えと解説………………………………………149

選択科目問題

機械組立て仕上げ法
問題……………………………………………162
答えと解説……………………………………167

治工具仕上げ法
問題……………………………………………181
答えと解説……………………………………186

金型仕上げ法
問題……………………………………………201
答えと解説……………………………………206

付録
工具研削2級問題……………………………226
答えと解説……………………………………238
工具研削1級問題……………………………232
答えと解説……………………………………245
全国職業能力開発協会等所在地名簿………159

機械技術者

現場と検定
問題の解きかた 機械加工編 2018年版

2018年3月11日
問題の解きかた(機械加工編)2017年版

2018年4月10日刊行 
問題の解きかた編集委員会編
※試験対策をより十全に…「過去年版付録」別途販売中
収録年以前の実施問題を、300円(税別)で販売しています。
ご希望の方は、注文フォームの備考に
<「○○年○月実施問題」購入希望>とご連絡ください。折り返しご連絡いたします。

過去の付録のみ購入をご希望の方は、本ページ最下段に記載したメールアドレスまで、
<○○職種「○○年○月実施問題」購入希望>とご記入の上、お問い合わせください。折り返しご連絡いたします。

本体価格2,400円

A5/336頁/ISBN978-4-88049-883-6

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

間題の解きかた 機械加エ編

共通問題

機械要素
間題
(ねじ・歯車) …………………………………12
答えと解説…………………………………16
問題
(締結用機素・軸・軸継手・軸受・クラッチ・その他)……25
答えと解説…………………………………29

材料
問題
(鉄と鋼・非鉄金属・非金属) …………………38
答えと解説……………………………………41
問題(熱処理・材料試験)……………………47
答えと解説…………………………………50

材料力学
問題(材料力学) …………………………58
答えと解説…………………………………60

製図
間題(製図法・各種記号) …………………66
答えと解説…………………………………69

電気
問題(電気) ………………………………78
答えと解説…………………………………80

安全衛生
問題(安全衛生) …………………………83
答えと解説…………………………………85

機械工作法一般
問題(切削油剤・潤滑)……………………88
答えと解説…………………………………91
問題(工作測定・品質管理) ………………100
答えと解説…………………………………103
問題(油圧・空圧) …………………………112
答えと解説…………………………………113
問題
(けがき・手仕上げ・ジグ・取付け具)…116
答えと解説…………………………………120
問題(工作機械・工具一般) ………………128

答えと解説…………………………………132
問題
(鋳造・鍛造・製かん・板金・表面処理) ……145
答えと解説…………………………………149

選択科目問題

旋盤作業法
問題…………………………………………162
答えと解説…………………………………167

フライス盤作業法
問題…………………………………………180
答えと解説…………………………………184

ボール盤作業法
問題…………………………………………193
答えと解説…………………………………197

形削り盤作業法
問題…………………………………………205
答えと解説…………………………………207

立削り盤作業法
問題…………………………………………212
答えと解説…………………………………214

平削り盤作業法
問題…………………………………………219
答えと解説…………………………………221

研削盤作業法
問題…………………………………………226
答えと解説…………………………………230

中ぐり盤作業法
問題…………………………………………238
答えと解説…………………………………242

数値制御工作機械作業法
問題…………………………………………250
答えと解説 …………………………………254
■全国職業能力開発協会等所在地名簿……159

機械技術者


技能検定・学科の急所(下巻)2018年版

2018年3月11日
技能検定・学科の急所(下巻)2017年版

2018年4月10日刊行 
学科の急所編集委員会編
技能検定の参考書としてだけでなく、機械工作法のテキスト、自習書としても使える、日常作業にピッタリの実質本位の機械工作法の書。下巻は各種工作法・仕上げの実際など専門分野。
付録・2017年度前期実施問題収録
※試験対策をより十全に…「過去年版付録」 別途販売中
収録年以前の実施問題を、300円(税別)で販売しています。
ご希望の方は、注文フォームの備考に
<「○○年○月実施問題」購入希望>
とご連絡ください。折り返しご連絡いたします。

本体価格2,000円

A5/336頁/ISBN978-4-88049-882-9

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

 

学科の急所 下巻

■機械工作法
検定基準の細目……………………………………14

- 旋盤作業 -

【急所】旋盤作業……………………………………30
■自己診断…………………………………………38

1.旋盤とは…………………………………………39
2.旋盤の種類と大きさの表わしかた………………39
3.旋盤の主要部……………………………………42
4.取付具と使用法…………………………………49
5.バイト……………………………………………58
6.切削加工と切削諸元……………………………73
7.切削油削とその使い方…………………………82
8.各種切削作業……………………………………86
9.タレット旋盤加工…………………………………93
10.旋盤の精度………………………………………98
11.旋盤作業における切削不良の原因と対策……100
よく出題される問題………………………………104

- ボール盤作業 -

【急所】 ボール盤作業……………………………108
■自己診断………………………………………110

1.ボール盤の種類と構造…………………………111
2.ドリル……………………………………………113
3.ボール盤作業……………………………………117
4.ボール盤作業の不良原因とその対策…………121
よく出題される問題………………………………122

- フライス盤作業 -

【急所】 フライス盤作業……………………………124
■自己診断…………………………………………127
1.フライス加工……………………………………128
2.フライス盤の種類と大きさの表わしかた………128
3.フライス盤の構造………………………………129
4.フライス取付用具と使用法……………………131
5.フライス…………………………………………134
6.フライス盤作業…………………………………140
よく出題される問題………………………………148

- 研削盤作業 -

【急所】 研削盤作業………………………………150
■自己診断…………………………………………154
1.研削盤作業………………………………………155
2.砥石の種類と用途………………………………160
3.研削砥石車の取付け……………………………165
4.砥石の集成………………………………………167
5.研削条件…………………………………………169
6.研削作業の不良原因とその対策………………172
7.特殊研削…………………………………………175
よく出題される問題…………………………………177
形削り盤・立削り盤・平削り盤作業、中ぐり盤作業、歯切り盤作業、ブローチ盤作業、数値制御工作機械、電気加工法についての自己診断………………179

- 形削り盤・立削り盤・平削り盤作業 -

【急所】 形削り盤・立削り盤・平削り盤作業…………182
1.形削り盤……………………………………………183
2.立削り盤……………………………………………185
3.平削り盤……………………………………………186
4.工作物の取付け……………………………………188
5.精度不良とその原因………………………………189
技能検定のご案内(1) …………………………………190

- 中ぐり盤作業 -

【急所】 中ぐり盤作業…………………………………192
1.中ぐり加工と機械…………………………………193
2.中ぐり盤の種類と機能……………………………193
3.横中ぐり盤作業……………………………………195

- 歯切り盤作業 -

【急所】 歯切り盤作業………………………………198
1.歯切り法の種類……………………………………199
2.歯切り盤の種類と特徴……………………………200
3.ホブ盤による歯り作業……………………………202
4.歯車の仕上げ加工………………………………203
技能検定のご案内(2) ………………………………206

- ブローチ盤作業 -

【急所】 ブローチ盤作業……………………………208
1.ブローチ盤…………………………………………209
2.ブローチ……………………………………………210
3.ブローチ加工………………………………………211
技能検定のご案内(3) ………………………………212

- 数値制御工作機械 -

【急所】 数値制御工作機械………………………214
1.数値制御工作機械とは…………………………215
2.NC機の構成……………………………………215
3.NC機の機種別の特徴…………………………224
4.NC機の利点と欠点……………………………226
5.今後のNC機の動向……………………………226

- 電気加工法 -

【急所】 電気加工法………………………………228
1.電気加工法の分類……………………………229
2.放電加工………………………………………229
3.電解加工………………………………………231
4.電解研削………………………………………232
よく出題される問題………………………………233

- けがき作業 -

【急所】 けがき作業………………………………236
自己診断 …………………………………………237
1.けがき作業用工具……………………………236
2.けがき作業……………………………………240

- 仕上げ・組立て作業 -

【急所】 (1)手仕上げ作業  はつり作業、やすり作業、きさげ作業、ラップ仕上げ作業、磨き作業う、リーマ通し、ねじ立て作業、のこ引き作業
(2)金型・治工具・機械組立て作業  金型とその政策法、ジグ・取付具とその製作法、組立て・調整・分解作業………………………………………………246
■自己診断……………………………………253

■手仕上げ作業
1.はつり作業…………………………………254
2.やすり作業…………………………………258
3.きさげ作業…………………………………263
4.ラップ仕上げ作業…………………………268
5.磨き作業……………………………………273
6.リーマ通し…………………………………274
7.ねじ切り作業………………………………279
8.のこ引き作業………………………………284

■金型・治工具・機械組立て作業
1.金型とその製作法…………………………288
2.ジグ・取付具とその製作法…………………289
3.組立て・調整・分解作業……………………294
よく出題される問題……………………………297

機械技術者


技能検定・学科の急所(上巻)2018年版

2018年3月11日
技能検定・学科の急所(上巻)2017年版

2018年4月10日刊行 
学科の急所編集委員会編
技能検定の参考書としてだけでなく、機械工作法のテキスト、自習書としても使える、日常作業にピッタリの実質本位の機械工作法の書。上巻は機械要素・製図など共通分野。

付録・2017年度前期実施問題収録

本体価格2,000円

A5/336頁/ISBN978-4-88049-881-2

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

 

 

 

学科の急所 上巻

- 機械要素 -

【急所】 ねじ、ボルト・ナット・小ねじ、歯車、キー・ピン・コッタ・リベット、軸と軸継手、軸受、巻掛け伝動装置、リンク・カム・ばね・ブレーキ、管用機素
…………………………………………………13
■自己診断……………………………………31

■ねじ
1.ねじの原理…………………………………33
2.ねじの種類と用途…………………………36
3.ねじの表わしかたと精度および測定………40

■ボルト・ナット・小ねじ
1.六角ボルト…………………………………43
2.ボルトの用途………………………………44
3.ナットの種類と用途………………………46
4.小ねじおよび特殊ねじ……………………46
5.座金およびナットのゆるみ止め…………48
よく出題される問題…………………………50

■歯車
1.歯車基礎……………………………………53
2.歯車の種類と用途…………………………60
3.歯車の伝動比………………………………65
4.歯車の測定…………………………………66
5.歯車の加工と材料…………………………68
よく出題される問題……………………………70

■キー・ピン・コッタ・リベット
1.キー…………………………………………72
2.ピン・コッタ・リベット…………………………75

■軸と軸継手
1.軸……………………………………………78
2.軸継手………………………………………80
よく出題される問題……………………………85

■軸 受
1.軸受の分類…………………………………87
2.すべり軸受…………………………………87
3.ころがり軸受 ………………………………90
よく出題される問題…………………………101

■巻掛け伝動装置
1.ベルト伝導……………………………… 102
2.ロープ伝導……………………………… 105
3.チェーン伝導…………………………… 105

■リンク・カム・ばね・ブレーキ
1.リンク装置……………………………… 106
2.カム……………………………………… 107
3.ばね……………………………………… 108
4.ブレーキ………………………………… 110
よく出題される問題……………………… 113

■管用機素
1.管………………………………………… 116
2.管継手…………………………………… 117
3.バルブおよびコック……………………… 118
4.密封装置………………………………… 121

■各種テーパ ……………………………… 125
よく出題される問題………………………… 128

- 材  料 -

【急所】 金属の性質、鉄鋼材料、熱処理、非鉄金属、非金属材料、金属材料試験法………………………… 131

■自己診断…………………………………… 144

■金属の性質
1.機械的性質……………………………… 145
2.合金の一般的性質……………………… 146
3.加工硬化………………………………… 146
4.金属材料の性質………………………… 147

■鉄鋼材料
1.鉄と鋼…………………………………… 150
2.鋳鉄……………………………………… 151
3.炭素鋼…………………………………… 155
4.特殊鋼…………………………………… 159
5.工具鋼…………………………………… 162
6.鉄鋼の被削性…………………………… 164

■熱処理
1.鉄と鋼の組織…………………………… 167
2.鋼の熱処理……………………………… 170
3.鋼の表面硬化法………………………… 177
よく出題される問題………………………… 181

■非鉄金属
1.単金属…………………………………… 185
2.銅合金・軽合金………………………… 186
3.軸受用合金……………………………… 189
4.可溶合金………………………………… 190
5.チタン…………………………………… 190
6.非鉄金属材料の被削性………………… 191

■非金属材料
木材……………………………………… 192
コンクリート……………………………… 192
皮革……………………………………… 192
ゴム……………………………………… 193
合成樹脂………………………………… 193
塗料……………………………………… 194
石綿……………………………………… 195
ファイバー……………………………… 196
よく出題される問題……………………… 197

■金属材料の機械的試験法
1.強さとその試験法……………………… 199
2.硬さとその試験法……………………… 200
3.ねばり強さとその試験法……………… 202
4.その他の試験法 ……………………… 204
よく出題される問題……………………… 209

- 材料力学 -

【急所】 材料力学………………………… 212
■自己診断………………………………… 214

■荷重と応力
1.荷重…………………………………… 215
2.応力…………………………………… 216
3.ひずみ………………………………… 220
4.弾性限度、降伏点、極限強さ………… 221
5.許容応力と安全率…………………… 223
6.応力集中……………………………… 225

■はりの強さ
はり…………………………………… 228
断面形状とはりの曲げ強さ…………… 228
はりの種類…………………………… 229
支点の反力…………………………… 229
せん断応力図と曲げモーメント図… 230
よく出題される問題 …………………… 231

- 電  気 -

【急所】 電気……………………………… 234
■自己診断………………………………… 236

■電気の要素
1.電流・電圧・抵抗………………………… 237
2.交流……………………………………… 240
3.電磁誘導作用…………………………… 242

■電気機器
1.開閉器(スイッチ)……………………… 243
2.ヒューズ………………………………… 244

■電動機
1.電動機の種類…………………………… 247
2.交流電動機……………………………… 247
3.直流電動機……………………………… 250
4.工作機械に使われる電動機…………… 251
5.周波数による影響……………………… 252
6.三相誘導電動機の故障と対象………… 253
よく出題される問題……………………… 257

- 潤  滑 -

【急所】 潤滑……………………………… 262
■自己診断………………………………… 264

■潤滑油剤
1.潤滑と油膜……………………………… 265
2.潤滑油剤使用の目的とその選びかた… 265
3.潤滑油剤の種類、特徴、用途………… 266
4.潤滑油の劣化…………………………… 271

■油みぞと給油穴
1.油みぞ…………………………………… 272
2.給油穴…………………………………… 273

■潤滑方式
潤滑方式の種類、用途、特徴…………… 274
よく出題される問題……………………… 279

- 油圧および空圧 -

【急所】 油圧および空圧………………… 282
■自己診断………………………………… 283

■油圧
1.油圧の定義と特徴……………………… 284
2.作動油…………………………………… 284
3.油圧機器………………………………… 286
4.油圧回路に生じやすい故障と対策…… 291

■空圧
1.空気の圧力……………………………… 292
2.空圧機器・装置の構成要素…………… 292
よく出題される問題……………………… 294

- 品質管理 -

【急所】 品質管理………………………… 296
■自己診断………………………………… 298

■品質管理
1.品質管理の定義………………………… 299
2.品質管理に用いられる一般的な手法… 299
3.問題点の抽出…………………………… 299
4.製造工程の調査………………………… 301
5.製造工程の管理………………………… 302
6.抜取検査と全数検査…………………… 305
よく出題される問題……………………… 306

- 製  図 -

【急所】 機械製図法、各種記号………… 310
■自己診断………………………………… 314

■機械製図法
1.投影法…………………………………… 316
2.線の用法………………………………… 318
3.投影図の表わしかた…………………… 321
4.断面図の表わしかた…………………… 323
5.図形の省略……………………………… 327
6.特殊な図示法…………………………… 328
7.寸法記入方法…………………………… 330
8.各種部品図示法………………………… 338

■各種記号
1.製品の幾何特性仕様…………………… 343
2.はめあい方式…………………………… 345
3.材料記号………………………………… 348
4.溶接記号………………………………… 349
よく出題される問題………………………… 351

- 安全衛生 -

【急所】 安全衛生………………………… 354
■自己診断………………………………… 355

■安全衛生
1.一般共通の安全衛生…………………… 356
2.各種作業における安全………………… 357
3.仕上げ、組立ての安全作業…………… 359
4.電動工具、空気工具の安全…………… 359
5.運搬作業の安全………………………… 360
6.機械作業の衛生に関する法律と規則、作業環境…… 361
よく出題される問題……………………… 362

最近の出題問題(その1)………………… 364

機械技術者

現場と検定
問題の解きかた 機械検査編 2018年版

2018年3月11日
問題の解きかた(機械検査編)2018年版

2017年10月20日刊行 
問題の解きかた編集委員会編
※試験対策をより十全に…「過去年版付録」別途販売中
収録年以前の実施問題を、400円(税別)で販売しています。
ご希望の方は、注文フォームの備考に
<「○○年○月実施問題」購入希望>とご連絡ください。折り返しご連絡いたします。

過去の付録のみ購入をご希望の方は、本ページ最下段に記載したメールアドレスまで、
<○○職種「○○年○月実施問題」購入希望>とご記入の上、お問い合わせください。折り返しご連絡いたします。

本体価格2,400円

A5/336頁/ISBN978-4-88049-886-7
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

問題の解きかた 機械検査編

<<測定法マニアル>>
■測定検査とは
1.測定と検査……………………………………18
2.測定・検査の目的……………………………18
3.測定・検査における一般的な注意…………19
■測定法の基礎知識
1.測定法の基礎理論……………………………22
2.光学の基礎……………………………………24
3.測定と記録……………………………………27
測定機器と測定法
■長さの測定
1.長さの単位と基準……………………………29
2.直尺……………………………………………31
3.標準尺…………………………………………32
4.パス……………………………………………33
5.ノギス…………………………………………34
6.ハイトゲージ…………………………………39
7.デプスゲージ…………………………………40
8.マイクロメータ………………………………41
9.ブロックゲージ………………………………50
10.その他の標準寸法ゲージ……………………57
11.限界プレーンゲージ…………………………58
12.ダイヤルゲージ………………………………62
13.コンパレータ…………………………………68
14.精密な長さ測定器……………………………75
■測定補助具
1.定盤……………………………………………81
2.金ます・Vブロック…………………………83
3.トースカン……………………………………84
■角度の測定
1.角度の単位と基準ゲージ……………………85
2.角度測定器とその測定法……………………88
3.特殊な角度の測定法…………………………96
■表面粗さ・うねりの測定
1.表面粗さとうねり……………………………100
2.表面粗さの測定法……………………………101
3.表面うねりの測定……………………………104
■幾何偏差とその測定
1.幾何偏差の定義と表示………………………106
2.幾何偏差の測定法……………………………113
■内径・外径の測定
1.内径の測定……………………………………125
2.外径の測定……………………………………128
■ねじの測定
1.ねじの測定要素と誤差………………………130
2.おねじの測定…………………………………131
3.めねじの測定…………………………………134
4.ねじゲージによる測定………………………135
■歯車の測定
1.歯車の測定要素と誤差………………………140
2.ピッチの測定…………………………………141
3.歯形の測定……………………………………142
4.歯みぞの振れの測定…………………………143
5.歯すじ方向誤差の測定………………………144
6.歯厚の測定……………………………………145
7.歯車の等級……………………………………148
■測定機器の保守管理
1.計量管理………………………………………149
2.定期検査………………………………………150

<<検査法マニアル>>
■検査の基礎
1.検査の目的と種類……………………………154
2.検査規格………………………………………157
■一般的な検査方法
1.硬さの検査……………………………………159
2.質量・重さの検査……………………………161
3.温度の検査……………………………………163
4.圧力の検査……………………………………165
■材料の検査法
1.材料の欠陥の非破壊検査法…………………166
2.材料の強さの検査……………………………168
■作動機構の運転精度検査
1.工作機械の運転精度検査……………………171
2.運転検査………………………………………174
■不良部品の是正
1.不良品の取扱い………………………………175
2.不良品の是正方法……………………………175

<<問題の解きかた>>
問題(測定法)……………………………………178
答えと解説(測定法)……………………………178
問題(検査法)……………………………………191
答えと解説(検査法)……………………………194
問題(品質管理)…………………………………198
品質管理の急所……………………………………201
答えと解説(品質管理)…………………………203
問題(機械要素)…………………………………206
機械要素の急所……………………………………209
ねじ/歯車/キー・ピン・コッタ・リベット/軸と軸継手/軸受/巻掛け伝動装置/リンク・カム・ばね・ブレーキ/管用機素
答えと解説(機械要素)…………………………226
問題(機械工作法)………………………………228
機械工作法の急所…………………………………234
旋盤作業/フライス盤作業/研削盤作業/形削り盤・立削り盤・平削り盤作業/中ぐり盤作業/歯切り盤作業/ブローチ盤作業/手仕上げ作業/金型・治工具・機械組立て作業/鋳造・鍛造・溶接・板金・製かん・表面処理/潤滑
答えと解説(機械工作法)………………………257
問題(材料)………………………………………260
材料の急所…………………………………………262
金属の性質・鉄鋼材料/熱処理/非鉄金属/非金属材料
答えと解説(材料)………………………………274
問題(材料力学)…………………………………275
材料力学の急所……………………………………276
答えと解説(材料力学)…………………………278
問題(製図法)……………………………………279
製図法の急所………………………………………282
答えと解説(製図法)……………………………286
問題(電気)………………………………………288
電気の急所…………………………………………289
答えと解説(電気)………………………………291
問題(安全衛生)…………………………………292
安全衛生の急所……………………………………293
答えと解説(安全衛生)…………………………294
実技試験について…………………………………295

機械技術者

新・知りたい熱処理

2018年3月11日
新・知りたい熱処理

2001年10月15日刊行 
不二越熱処理研究会

本体価格3,000円

A5判/284ページ/ISBN4-88049-035-0
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

 

 

 

 

 

新・知りたい熱処理

熱処理とは

■熱処理を知る前に…………………………2
熱処理とはなにか …………………………2
原子の構造…………………………………2
金属原子の結合のしかた…………………3
金属原子の並びかた………………………4
鉄原子の並びか……………………………5
実際の金属の結晶…………………………7
固溶と拡散 …………………………………9
鋼の平衡状態図……………………………11

■鋼の熱処理による組織の変化……………15
冷却速度による組織の変化 ………………15
焼もどしとその組織の変化…………………19
鋼の組織写真………………………………20
恒温変態熱処理による組織の変化 ………21
加工熱処理による組織の変 化……………22

■金属を強くするには………………………24
強さということ………………………………24
硬さということ………………………………25
粘り強さということ …………………………27
金属の強化法 ……………………………28
熱処理による強化…………………………30
加工熱処理による強化……………………31

焼入れ

■焼入れの目的 ……………………………34
マルテンサイト化…………………………34
溶体化……………………………………36

■焼入れのからくり………………………37
マルテンサイトとは………………………37
マルテンサイト変態のメカニズム………39

■恒温変態…………………………………40
恒温変態の組織変化 ……………………40
ベイナイト変態のメカニズム………………41

■冷却速度について ………………………43
焼きが入るということは……………………43
冷却速度によってどのように変わるか……44
CCT曲線 …………………………………45
焼入れによって得られる組織……………46

■大きなものを焼入れするには …………48
鋼の焼入れ性……………………………48
冷却能……………………………………50

■焼入れの実際……………………………54
焼入れ条件の設定………………………54
焼入れのポイント…………………………61

■熱処理変形・割れとその防止法 ………64
熱処理変形………………………………64
焼入れひずみを小さくし,
焼割れを防止するポイント ……………72
サブゼロ処理……………………………76
サブゼロ処理の効果……………………77
超サブゼロ処理…………………………79

焼もどし・時効

■焼もどし・時効の目的 …………………82
炭素鋼・低合金鋼の焼もどし……………82
二次硬化鋼の焼もどし
(焼もどし硬化) …………………………85
時効硬化…………………………………86

■焼もどし・時効のからくり………………87
炭素鋼の焼もどし………………………87
合金鋼の焼もどし………………………89
ひずみ時効硬化 ………………………94
ひずみ焼もどし(ストレンテンパ)………94
析出硬化系ステンレス鋼,
マルエージング鋼の時効硬化………95

■焼もどし操作のポイント ………………97
焼もどしの温度と時間…………………97
焼もどしの実際…………………………99
低温焼もどし脆性の防ぎかた…………100
高温焼もどし脆性
(500℃脆性)の防ぎかた………………101

焼きならし・焼なまし

■焼ならし………………………………105
焼ならしの目的………………………105
焼ならしの方法………………………107

■焼なまし………………………………107
焼なましの分類………………………107
完全焼なまし…………………………108
球状化焼なまし………………………110
応力除去焼なまし……………………112
再結晶焼なまし………………………112
拡散焼なまし…………………………115

■焼ならし・焼なましで生じる
欠陥とその防止策……………………116
酸化と脱炭……………………………116
炭化物の分解…………………………117
過熱……………………………………118

使用目的を考えた熱処理の選びかた

■熱処理の目的…………………………120
■強さを増すには………………………120
焼入れとは……………………………122
オーステンパ…………………………123
パテンティングとオースフォーミング………………124
マルテンサイト組織の強さを利用するもの………126
マルエージング処理…………………126
溶体化処理…………………………127
■疲れ強さを高めるには………………128
■耐衝撃性を高めるには………………130
■耐摩耗性を高めるには………………132
■異常環境に耐えるには………………133

■材料の均一性,
安定性を高めるためには………………137
組織を平衡状態(均一)にするには……137
内部応力を除去するには………………138
寸法の安定性を得るには………………140
■被加工性を向上させるには……………143
冷間加工性を高めるには………………143
被削性を向上させるには………………146

使用目的と熱処理を考えた材料の選びかた

■焼入れ性からみた選択法………………150
焼入れ性の表わしかた…………………150
焼入れ性を保証した構造用鋼 …………151
熱処理品の設計…………………………152

■引張強さからみた選択法………………163
常温引張強さからみた選択法…………163
高温引張強さからみた選択法…………165

■耐クリープ性からみた選択法…………166

■耐疲れ性からみた選択法……………167
■耐衝撃性からみた選択法 …………169
硬さと衝撃値…………………………169
偏析と衝撃値…………………………170
不純物と衝撃値………………………171
結晶粒度と衝撃値……………………173
耐衝撃性に及ぼすその他の影響……174

■耐摩耗性からみた選択法……………174
硬さと耐摩耗性………………………175
炭化物と耐摩耗性……………………176

■そのほか 鋼材の特性からみた選択法…179
耐候性・耐食性からみた選択法…………179
被加工性からみた選択法…………………181

表面硬化処理

■表面硬化処理の種類と目的……………186
摩耗の原因と防止法……………………187
破壊の原因と防止法……………………189

■浸  炭…………………………………192
浸炭とは…………………………………192
浸炭処理の特徴…………………………193
浸炭量と浸炭深さ………………………193
浸炭の方法………………………………195

■浸炭窒化………………………………205
■窒  化…………………………………206
窒化とその特徴…………………………206
窒化の方法 ……………………………207

■表面焼入れ………………………………214
表面焼入れの特徴………………………214
表面焼入れの種類と特徴………………216

■蒸  着 …………………………………224
蒸着の基礎的な知識……………………224
蒸着と真空,プラズマ……………………225
物理蒸着…………………………………230
化学蒸着…………………………………242
プラズマ化学蒸着………………………246

■表面硬化処理からみた材料の選択法…252
浸 炭……………………………………252
窒 化……………………………………253
表面焼入れ………………………………257
物理蒸着…………………………………257
化学蒸着…………………………………259

機械技術者

知りたいプレス機械 改訂版

2018年3月11日
知りたいプレス機械 改訂版

1999年8月31日刊行 
アイダ・プレス研究会

本体価格2,300円

A5判/256ページ/ISBN4-88049-036-9
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

 

 

 

 

 

知りたいプレス機械

第1編 プレス機械とプレス加工

■プレス機械とは…………………………10

■プレス加工とは…………………………11

プレス加工の種類………………………11
せん断加工………………………………12
曲げ加工…………………………………14
絞り加工…………………………………16
圧縮加工…………………………………18
そのほかの特殊加工……………………20
各種加工の圧力変化……………………21

第2編 機械プレス

■機械プレスの種類………………………24
構成要素で分けた機械プレスの種類……24
使用目的による機械プレスの分類………30

■機械プレスの能カ………………………37
プレスの能力……………………………37
圧力能力…………………………………38
トルク能力………………………………40
仕事能力…………………………………42

■機械プレスの仕様……………………45
能力・寸法仕様…………………………46
付属品仕様……………………………51
構造仕様………………………………51
運転仕様………………………………52

■機械プレスの基本構造………………55
フレーム部分…………………………55
伝動部分………………………………59
スライド部分……………………………67
潤滑……………………………………73
運転制御とその機器…………………75

■機械プレスの精度……………………80
静的精度………………………………80
動的精度………………………………83
精度の劣化……………………………86

■クランクプレス以外の機械プレス……87
ナックルプレス…………………………87
リンクプレス……………………………88
摩擦プレス ……………………………91
サーボモータ駆動のスクリュープレス…91
リニアモータ駆動のプレス……………92

第3編 付属機器と自動化装置

■機械プレスの付属機器・装置…………94

ダイクッション……………………………94
マイクロインチング(緩速運転・微速運転)装置……98
クランク角指示計………………………99
ダイハイト計……………………………100
ノックアウト装置…………………………100
スライド自動調整装置…………………101
フライホイールブレーキ………………101
ムービングボルスタ……………………102
ダイリフタ………………………………103
荷重計…………………………………103
ダイクランパ……………………………103
防音カバー……………………………104
防振装置………………………………104
ロータリカムリミットスイッチ …………105
安全ブロック、安全プラグ……………106
クレーン警戒灯………………………107
はしごインタロック……………………107

■プレス加工の自動化装置……………108

自動化とは……………………………108
自動化の利益…………………………112
自動化装置……………………………113
自動化ライン……………………………130

第4編 機械プレスの選びかたと使いかた、保守管理

■機械プレスの選びかた………………140

対象とする製品の特性………………140
機械プレスの特性……………………144
そのほか考えておくべき事項…………147

■機械プレスの正しい使いかたと保守…151
プレス作業と災害………………………151
災害の原因……………………………151
安全プレスとはどのようなプレスか……153
プレスの正しい使いかた………………155
機械プレスの保守………………………158

付録

1.プレス機械一用語(JIS B 0001より抜すい)…………164
2.機械プレスー精度検査(JIS B 6402より抜すい)……180
3.動カプレス機械構造規格………………………………190
4.プレス機械またはシャーの安全装置構造規格…………201
5.PSDIの安全基準………………………………………208
6.労働安全衛生規則………………………………………214
7.クランクプレスの能力の標準……………………………220
8.動カプレス定期自主検査指針…………………………222
9.製造物責任法……………………………………………235
10.特許法…………………………………………………237

■索引………………………………………………………242

機械技術者

楽しく学ぶ工業数学
知りたい工業数学

2018年3月11日
知りたい工業数学

1999年4月25日刊行 
工業数学編集委員会

本体価格2,000円

A5判/240ページ/ISBN4-88049-052-0
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

 

 

 

 

 

知りたい工業数学

1 基礎編

1章 整数
1 数の基本………………………………10
2 整数……………………………………13
3 整数の四則(加減乗除)計算…………13
4 検算……………………………………34
5 約数と倍数……………………………36
6 素数・偶数・奇数………………………39

2章 小数
1 小数の意味……………………………41
2 小数の四則
(加減乗除)計算…………………………43

3章 分数
1 分数への準備…………………………53
2 分数とは………………………………54
3 分数の意味……………………………55
4 分数の種類とその関係………………59
5 分数の性質……………………………60
6 約分……………………………………63
7 通分……………………………………64
8 分数の大小……………………………66
9 整数、小数、分数の関係 ……………67
10 分数の四則(加減乗除)計算………71

4章 正の数と負の数
1 正の数・負の数とは何か……………84
2 正の数と負の数四則

5章 平方根(√)
1 累乗と平方根…………………………92
2 √の四則(加減乗除)計算……………98
3 平方根表の使い方……………………99

6章 まとめと応用
1 混合計算(四則が混ざった計算)の重要法則……102
2 生活の中の数学的用語………………109

2 応用編

1章 文字式の計算
1 数字から文字の式へ…………………112

2章 累乗
1 累乗の意味……………………………123
2 累乗の乗除計算………………………125

3章 因数分解
1 因数とは何か…………………………129
2 因数分解の方法………………………130

4章 方程式
1一元一次方程式…………………………134
2二元一次方程式…………………………138
3 二次方程式……………………………142

5章 数量の関係
1 割合……………………………………147
2 歩合……………………………………151
3 百分率(%)……………………………152
4 比………………………………………155
5 比例・反比例……………………………162

6章 図形
1 図形の基本……………………………167
2 三角形…………………………………178
3 四角形…………………………………186
4 円………………………………………189
5 立体……………………………………205
6 点対称・線対称・面対称………………212

7章 三角比(sin,cos,tan)
1 三角比と三角形………………………215
2 三角関数表の見方……………………221

8章 量の計算と換算
1 面積・体積・表面積……………………224
2 単位とその換算………………………229

機械技術者

新・知りたい油圧/活用編

2018年3月11日
新・知りたい油圧/活用編

1996年4月20日刊行 
不二越ハイドロ二クスチーム

本体価格4,200円

A5判/336ページ/ISBN4-88049-038-5
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 

 

 

 

 

新・知りたい油圧 活用編

第1話 物を動かすということは……

-第1話の1 物を美しく動かすには
物を動かすいろいろな条件……………………………16

-第1話の2 負荷の種類とアクチュエータの選定
負荷のかかりかたと回路構成の関係…………………31

第2話 物を回転させるには

-第2話の1 物を回転させる方法には
油圧で物を回転させる…………………………………48

-第2話の2 回転運動はオイルモータにまかせろ
オイルモータを正しく使うために………………………52

-第2話の3 効率のよい回路を選ぼう
閉回路とは? その特長と効果………………………70

第3話 物の動きを同調させるには

-第3話の1 完璧な同調は得られないのか
油圧で同調しようとすると……………………………78

-第3話の2 油圧バルブによる同調
流量をバランスさせればよいのだから………………80

-第3話の3 油圧アクチュエータによる同調
同調シリンダ、オイルモータを使って………………84

-第3話の4 サーボ機構による同調
同調もサーボにまかせなさい!………………………88

第4話 物を順次 動かすには

-第4話の1 油圧で物を順序よく動かすことは
シーケンス動作を考える………………………………94

-第4話の2 各種スイッチと使用上の注意点
こまめに働く検出スイッチたち………………………97

-第4話の3 シーケンスバルブを使う場合の注意点
シーケンス動作は、やはりシーケンスバルブだけど………103

第5話 非常時でも物を動かすには

-第5話の1 油圧での非常時と、その対応措置
非常手段を考えておけば、ひとまず安心……………108

-第5話の2 蓄えたエネルギを利用して動かす
アキュムレータとその使用法…………………………112

第6話 物の動きを止めておくには

-第6話の1 油漏れがポイントになる
油圧機器の油漏れと物の動き…………………………124

-第6話の2 確実な停止と固定を
ロッキング回路での注意点……………………………132

第7話 物に加える力を変えるには

-第7話の1 回路圧力を変える油圧機器
物に加える力を変えるバルブ群………………………140

-第7話の2 バルブ故障ではない制御圧力の変動
バルブを疑う前に回路をチェック……………………150

第8話 油圧を増幅するには

-第8話の1 低圧ポンプで高圧を得るには
10の力で100の力を……………………………………154

-第8話の2 ショックの防止と高圧回路でのポイント
発生するショックの解消法……………………………162

-第8話の3 容量1のポンプで容量10の仕事をさせる
小さなポンプも使いかたしだい………………………171

第9話 より小さい電動機にするためには

-第9話の1 エネルギロスを小さくする
油圧システムの省エネルギ化………………………182

-第9話の2 むだな圧力を発生させないために
必要な圧力だけポンプから発生させる……………187

-第9話の3 むだな流量を吐出させないために
必要な油量だけポンプから吐出させる……………190

-第9話の4 省エネルギ回路の決定版
負荷感応システム……………………………………193

第10話 油圧でのメカトロニクス化・

-第10話の1 メカトロ化の影に主役・電磁比例弁
制御のスグレ者 電磁比例弁の特徴………………204

-第10話の2 電気と油圧の2人3脚
広い応用例 電磁比例弁の働き………………………213

第11話 油圧でのメカトロニクス化(1)

-第11話の1 高速応答比例弁の基本
高速応答比例弁とその応用例………………………220

-第11話の2 電子制御可変ピストンポンプ
高精度制御ができる可変ピストンポンプ…………213

第12話 油断しないで安全対策

-第12話の1 あくまでも安全第一
油圧における安全対策の考えかた…………………234

-第12話の2 油断は禁物、安全第一
油圧における安全対策例……………………………239

第13話 油圧回路における圧力損失

-第13話の1 直円管による圧力損失とその計算
油の流れかたで違う圧力損失………………………246

-第13話の2 直円管以外の管路での圧力損失とその計算
配管の形式で違う圧力損失…………………………252

-第13話の3 油圧機器による圧力損失とその計算
バルブやアクセサリにもある圧力損失……………256

第14話 油圧における熱収支について

-第14話の1 熱収支の考えかた
発熱量と放熱量………………………………………270

-第14話の2 オイルクーラ・オイルヒータの利用
よりよい油温の管理を………………………………274

第15話 よい回路を作るには

-第15話の1 機構の内部構造・特性などを知る
まず、油圧機器をよく知ること………………………282

-第15話の2 回路にも定石がある
油圧回路の定石を知ること…………………………289

第16話 実際に油圧回路を作る

-第16話の1 装置の使用とアクチュエータの選定
設計手順のアウトライン……………………………295

-第16話の2 ポンプ・アキュムレータの選定
流量の計算……………………………………………304

-第16話の3 電動機・タンク容量の決定
パワー源の計算とタンク、クーラを決める……………308

-第16話の4 油圧回路・バルブサイズの決定
油圧回路の構成と検討………………………………314

知りたい油圧 と SI単位と重力単位について…319

一口メモ もくじ
タンコミ…?…………………………………………………34
〈ポエム〉回路を組むーそれは 豊かさへの道程…………76
チャタリング…………………………………………………83
高圧下での生卵はどうなる?………………………………87
ショックを取る………………………………………………92
作動油の色は………………………………………………102
びびり・びびる考……………………………………………106
ポンプ、電動機、タンクにさわろう!…………………………122
苦労が読めないCAD図面…………………………………131
ぎじゅつ屋考…………………………………………………137
パスカルとパンセ(瞑想録)…………………………………138
全身、すべてスケールに……………………………………170
キッカシリンダ ………………………………………………180
各制御方式のカタマリ・歯医者さんの椅子と治療台………186
〈〒〉マークは、郵便局とは限らない ………………………202
常識は 時代とともに変わるもの …………………………226
製図板とドラフターの効用 …………………………………238
デジタルとアナログ…………………………………………255
PL法…………………………………………………………268
日本語バンザイ………………………………………………292
アバウトなもの………………………………………………301
川は流れない シリンダは前進しない 電動機は回らない…307
スティックスリップ そして MMS……………………………313
滴(しずく)も溜まれば海となる………………………………334