Browsing Category

環境

暮らしと医療 法・社会 環境 障害・発達

こころ学シリーズⅠ「精神障害」とはなんだろう?

2018年6月12日

2018年6月5日刊行 
石川憲彦 著

「てんかん」からそのルーツをたずねて

ひとは、いつ「意識」を「こころ」を「ことば」をもったのか?
古代文明の医術文書に残る「てんかん」の歴史を辿りながら、「精神障害」のルーツをたずねる全8巻シリーズのⅠ巻。

まず、基礎編

うつ、発達障害、コミュ障‥‥‥、言葉だけが一人歩きする現代社会。診断・治療が「困難さ」の解決に結びついていかない。
当事者と家族、医療関係者や教職員そしてカウンセラーといった方たちに向けた入門編。

本体価格3,000円

四六判/280ページ/ISBN978-4-88049-491-3

オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

「こころ学」シリーズⅠ
「精神障害」とはなんだろう?
──「てんかん」からそのルーツをたずねて
「こころ学」シリーズによせて
もくじ
contents

プロローグ
●本当に私は病気ですか?
なおるんですか?…19
精神医学の教科書で…22
「障害」の意味…24
なにが「病気」ですか?…27
日本での「ディスオーダー」… 32
精神世界へのある独特の「畏おそれ」…34
児童精神科バブルへ…36
本書の読み方…40

I 「てんかん」はどこからきて・どうして病気になったのか?
●人は「てんかん」をどうみてきたのか?
精神障害だと信じられていた「てんかん」…47
内科の病気となって…50
現代のてんかんの定義…52
●こころは身体の一部か?
「脳=こころ」への抵抗感…58
恐れと畏れ…60
「てんかん」という名の由来…62
古代中国での癲の病理…64
古代ギリシャ医学では「神聖病」と呼ばれ…66
てんかんを肯定的にみる伝統…68
謎を解くヒントは「気」…70
「気」とはなにか?…72
てんかんが精神医学で扱われた理由…74
「気」と「意識」のちがい…76
寄り道──右脳はなにをしているのか?…79
「精神病」が誕生するまで…81
統合失調症の幻聴とは…84
神々の声から自分の声へ…85
てんかんと同じ道を歩む精神障害… 87

II 医学は呪術を超えたか?
●迷信から科学へ
「病気」という概念がなかった時代…93
神と呪術から医学へ…94
紀元前からあった「ハンセン病」…100
ハンセン病と診断された背景…103
ハンセン病と結核の歴史から…105
テムキンの記した「迷信と医学との戦い」…106
●科学が敵を変えていった
「風邪」は病気なのか?…110
自意識と抗生物質…112
CMはあらたな「神の声」…114
細菌・ウイルス・バイ菌…116
馴れ合いの病気観を覆したペスト・コレラ…118
強毒菌と弱毒菌…121
抗生物質と腸内フローラ…123
神罰と大量虐殺…126
さらに怖い抗ウイルス剤…129
「バイ菌は敵」という自然観…131
仮想の敵を作りつづける人間…133

III 治療──なおる、治す、直りたい
●身体の病気としての「てんかん」
「てんかんの定義」再び…139
意識消失は多くの症状の中の一つ…142
子どもに「てんかん」を伝えるとき…144
外科的治療から遺伝子操作へ…146
●テクノロジーがもたらしたもの
病気観の変化…149
脳波の発見…152
神経学の視点…154
脳や神経の基本的なこと…157
情報のコントロール…162
脳の場所ごとの機能…165
脳の中の電波妨害…168
神経医学からみた脳…170
電気的興奮とてんかん…172
●「てんかん」の内科的治療と無意識の抵抗
誰もが「治療が必要だ」と感じる状態…174
てんかんの薬…176
新薬の効果と薬の変化…178
薬の評価と副作用…180
薬の使い方…182
発作の考え方…184
私が投薬するのは、三つの場合…187
客観的判断は難しい薬の必要性…188
てんかんが生命を左右するとき…190
特殊な状況の場合の投薬…192
「なぜ薬を飲まなければならないのか」という疑問…194
てんかん者は自由になったか…197
●「意識」とてんかん治療
私の内と外はどう区別する?…200
意識水準と意識内容…202
「情報を選択する」ということ…205
レム睡眠の発見…207
神経伝達物質の出現…209
「無意識」に残された課題…212
●それでも抵抗が生まれる理由
感覚的抵抗…216
病識の不確実性…218
治療の不透明性…219
治療の有害性…220
偏見や差別の問題…221
楽観的に医学を賛美できない理由…222

エピローグ
●言葉の変化と精神世界
二〇歳の旅の経験から…228
「病気」と診断するとき…230
一人一人のおかれた状況…233
前医と当院の診断の差…235
治療仮説の重要性…239
数値化できること・できないこと…242
仮説が成立するとすれば…246
日本語を手放してしまったとき…249
本書の復習1 武器となる言葉…252
本書の復習2 家族と群れ…255
本書の復習3 人間の敵は人間…258
本書の復習4 言語の転換期…260
本書の復習5 私の治療の基礎…263
本書の復習6 AIと私たちの生きていく「場」…268

謝辞…272
参考文献…274

0歳ー6歳 ちいさい・おおきい 環境

ちいさい・おおきい・よわい・つよい No.107

2018年2月25日
ちいさい・おおきい・よわい・つよい NO.107

2015年8月25日刊行 
富山洋子 監修

特集

防虫、除菌、消臭+香りで……

こどもの空気環境汚染中!?

虫除けに、除菌剤や消臭剤……成分、安全性は? 「におい」にまつわる製品が大流行。食べ物より空気がいまや問題、被害続出。第2の花粉症?

本体価格1,200円

A5/128頁/ISBN978-4-88049-907-9

オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 Contents
No.107

連載

5
年長さんのお絵かき
将来やってみたいこと・なりたいもの(1)
タクシーのうんてんしゅ
まさき(保育園年長)

Topic (1) 予防接種のいま

6
続・話そう、予防接種のこと (20)
国の方針はまだ先 子宮頸がんワクチン被害
青野典子(ワクチントーク全国事務局)

Topic (2) 放射能とくらし

11
フクシマからぼくが学んだこと (15)
マーシャル諸島の健康障害
山田 真(子どもたちを放射能から守る
全国小児科医ネットワーク代表)

特集
防虫、除菌、消臭+香りで……
こどもの空気環境汚染中!?

20
読者の声
関心の中心はにおい対策。
心配をかかえながら……
28
このごろの「香りブーム」ですが……
―においのボリュームは大きく、
バリエーションが貧しくなっています
臭気判定士・石川英一さんに聞く
39
ぶらさげる? シュッシュする?
この製品、この使い方、だいじょうぶ?
40
(1)除菌剤、防臭剤 そもそも。
必要性も定義もあいまい
天笠啓祐(市民バイオテクノロジー情報室)
45
(2)柔軟剤、芳香剤 野放し状態。
風にのってどこへでも
古庄弘枝(ノンフィクションライター)
50
(3)防虫・殺虫剤、衣料用防虫剤
基本的には「農薬」ですが……
上田昌文(NPO市民科学研究室代表)
55
「こどもには慎重に」のわけ
上田昌文(NPO市民科学研究室代表)
56
殺虫剤も塩も化学物質!?
編集部
58
虫嫌いだった私たちが農薬なしで
造園業をやっているわけ
ひきちガーデンサービス
68
ばっちいもくさいも、虫も寄せつけない生活……
こどもにどんな影響がありますか?
69
(1)からだ編
意識下のコミュニケーションに影響あり?
栃内 新(生物学者)
75
化学物質過敏症って?
編集部
76
(2)こころ編
すぐに影響なし。気楽に、気楽に
石川憲彦(精神神経科医)
82
におい・よごれ対策のアイデア
83
(1)洗濯で! 熱と風を味方につける
中村祐一(洗濯アドバイザー)
90
(2)掃除で! ちょっとずつ、おだやかに
岩尾明子(クリーン・プラネット・
プロジェクト代表)
96
ラクチン、低コスト
身近なものを使う?ゆるエコ家事?のアイデア
98
おわりに
いま鮮やかに記憶によみがえること
富山洋子(日本消費者連盟顧問)
108
連続講座・『ち・お』&『お・は』を読む会
〈町田〉
「ゆるゆる子育て・孫育て」2015参加者募集!!
110
編集後記
111
次号予告
112
創刊のことば
113
み・ん・なの声
115
『ち・お』『お・は』を読む会リスト
117
chio編集部から
118
[アピール]原発のない日本を
127
『ちいさい・おおきい』バックナンバー常備店
128
インフォメーション
ジャパンマシニスト各種お問い合わせ先
0歳ー6歳 ちいさい・おおきい 環境 障害・発達

ちいさい・おおきい・よわい・つよい  No.91

2018年3月11日
ちいさい・おおきい・よわい・つよい No.91

2012年12月25日刊行 
特集1 石川憲彦/特集2 青野典子 監修

特集1

ちょっとの遅れ?専門家に頼るべき?

こどもの言葉で、心配なこと

言葉が遅い?発達障害?コミュ力不足?こどもが困っていること、抱えている困難さに応じての対処法、生活の工夫、トレーニングの考え方……

特集2

おとなの安心……ばかりが優先?

「安全基準」がアリバイになったとき

本体価格1,200円

A5/144ページ/ISBN978-4-88049-291-9

 

オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

Contents
No.91(2012年12月)

特集1
ちょっとの遅れ?専門家に頼るべき?
こどもの言葉で心配なこと
8
土から育つ草花のように
浜田寿美男(発達心理学・法心理学者)
12
言葉が生まれるとき
やまだようこ(生涯発達心理学者)
19
このままでいいの?と不安になったら―
言葉をめぐる7つのQ&Å
20
Q1言葉がまだ出ない、うまくない
A芽は育ちはじめています
梅村 浄(小児科医)
24
Q2全体的に発達がゆっくり―ダウン症と言葉
A言葉以外のやりとりから
矢崎真一(言語聴覚士)
28
Q3舌足らず、赤ちゃん言葉
A本人の自覚・意志こそ大切に
長山千佳(言語聴覚士)
32
Q4つまる、よどむ、くり返す
A”基本的に大丈夫”という思いで
小澤恵美(言語聴覚士)
36
Q5聴覚に障害がある子
A聞こえにくい状態を理解する
中村公枝(言語聴覚士)
40
Q6特定の場所でしゃべらない
A言葉のつきあい以上の内面性
鳥羽伸子(心理相談員)
44
Q7おうむ返し、よくしゃべる、ひとりごと
Aなにを伝えようとしているの?
石川憲彦(精神神経科医)
48
特集1のおわりに
言葉の現場はこどもがいるところ
梅村 浄(小児科医)
特集2
おとなの安心……ばかりが優先?
「安全規準」がアリバイになったとき
54
近ごろ遊び場で気になることは
マンガ/どんどんどんぐり
56
〈読者の声〉
のびのび、思いっきり、
遊んでほしい!!
……でもねs(・・;)
60
だれのための安全規準かって
話をしないとね
天野秀昭(NPOプレーパークせたがや理事)
69
遊具の安全規準から
見えてくること
松野敬子(関西大学社会安全研究科博士課程)
74
こどもの事故を減らすヒント
田中哲郎(消費者庁「子どもを事故から守る
プロジェクト」アドバイザー)
79
特集2のおわりに
皮肉なことにならないように
青野典子(保育園園長)
連載
84
ママのつらさは万国共通?(6)
しつけ
ニューヨーク・延子モーガン/上海・萩原晶子
パリ・林 瑞絵/ウランバートル・齋藤美代子
91
お母さん・お父さんのためのこども治療学(30)
貧血検査の意義
山田 真(小児科医)
97
続・話そう、予防接種のこと(4)
日本脳炎ワクチンのほかにも死亡事故が!
青野典子(保育園園長、ワクチントーク全国)
102
気になるニュース×いつもの暮らし
天笠さんのバイオな話(6)
カマボコと食品添加物
天笠啓祐(ジャーナリスト、市民バイオテクノロジー情報室代表)
108
こどもと暮らす。こどもと歩く。(5)
なるべくなるべく
ワタナベチヒロ(マンガ家)
114
からだ・こころ・くらし
それなら知ってる!Q&A
Qこどもを家庭で保育。
幼稚園に行かないのは深刻な問題?
A大日向雅美
(恵泉女学園大学、発達心理学者)
Q年子のきょうだい。
しっかり者の妹は無理をしている?
A内田良子(心理カウンセラー)
Q保育園のおやつに牛乳。
なぜ週四回も?飲ませないと、かわいそう?
A山田 真(小児科医)
Q幼稚園で肝油。
毎日食べつづけても体に負担はない?
A高橋久仁子(群馬大学、農学博士)
111
『ち・お』を読む会リスト
122
み・ん・なの手紙
126
ち・お新聞
128
編集後記
129
創刊のことば
142
バックナンバー常備店
130
アピール
原発のない日本を

子育て人 環境

みんなで子育て! くらし編

2018年3月11日
みんなで子育て! くらし編

2006年7月10日刊行 
山田 真 監修

監修の山田さんが絶対信頼できると確信する知人・友人の専門家に、読者からの疑問に答えてもらった、第二弾。からだ編とあわせて活用ください。

本体価格2,381円

A5判/簡易フランス装/320ページ/ISBN4-88049-128-4
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 
 
 
 
PART1 こどもの“くらしとしつけ”
■母乳と食Q&A
おっぱいで悩んだ、困った「ワタシ、母乳不足?」/母乳のことで悩んでいます/スナック菓子が好きなこどもたち/ できるだけ安全なものを食べたい/牛乳や乳製品、ほんとに必要? /牛乳をたくさん飲むと目に悪いの?/砂糖ってからだに悪いもの?/ 白砂糖と三温糖のちがいって?/刺激物、食べさせないほうがいいの?/キウイアレルギーってあるの?/栄養補助食品、薬とどうちがう?/こどもの肝油摂取、なにが問題/アミノ酸系飲料、ホントにからだにいい?

■むし歯Q&A
なぜ、むし歯になるのか/断乳しないからむし歯になったの?/ 電動歯ブラシで奥歯が欠けた?

■除菌・抗菌Q&A
抗菌グッズは「安心」か/点検・抗菌グッズ――成分、効果、危険性/ 動物からの病気が心配/砂場はほんとうに安全でしょうか?/砂場で遊ばせたいけど破傷風が不安

■こどものくらしQ&A
足にあうサイズがないこどもの靴、どうすれば?/痛い巻き爪、どう処理すればいい?/うつぶせ寝と突然死は関係あるの?/ 外遊びする娘の安全が心配です/「戦いごっこ」はいじめにつながる?/ゲームに夢中になる息子、大丈夫?/公園での事故やケガ、だれの責任?/ 殺虫剤や除草剤、使わずにすむ方法は?

■こどものしかり方Q&A
「しかる・怒る・手をあげる」わが家の場合/「しかる」はよくて「怒る」はダメ?

■早期教育・習い事Q&A
早期教育・習い事「わが子の場合、私の判断」/「おけいこ」よりも「親の生き方」で子は育つ/ピアノ教室・絵画教室で情緒は育つか!?

PART2 こどもの“こころと発達”
■こどものストレスと成長Q&A
髪の毛を抜いてしまう息子。どうしたらやめられるの?/ 夜、歯ぎしりをします。アドバイスを/さみしいのをがまんしているこども、親の対応に問題?/死ぬことをこわがって寝られない子/幼稚園にもいじめはある?/赤ちゃんはどうやって生まれるの?/女の子が「かわいい服」を着たがるのはなぜ?/ 保育園で「男は強く」といわれてくるのですが/善悪は相手とTPOによって異なるもの/こどもの悪さ、わからなさに困ったとき

■おねしょ・おもらしQ&A
三歳の娘、早くパンツにすべき?/冬になるにつれふえるおねしょが心配/息子のおもらし、どうにかなおしたいのですが……/五歳なのにおもらし。どうしたもんでしょうか?/娘が小学校入学をひかえ神経性頻尿に

■小さい・遅い・人とちがう……Q&A
くらし・しつけのこと「遅れで悩んだ、そしてこうした」/「小さいねえ」といわれつづけてます/三ヶ月で八キロ、問題ですか?/ 足の形が曲がっている?/おちつきのない子は大きくなってもなおらない?/多動性障害について教えてください/チックが続いていますが……/育ちがゆっくりな息子、LD(学習障害)児でしょうか/ 歩けない二歳の子、リハビリ中ですが/こどもの存在をひき受けるということ――出生前診断、私はこう思う/なぜよその子とくらべてしまうのか?/わが子へ向かうくらべる気持ち――虐待の背景にあるもの

PART3“保育園・幼稚園”とのつきあい方
■保育園生活Q&A
突然の熱、病気、お迎え、母乳……〇~一歳児を預けるときのこころがまえ/保育園を選んでよかったこと、困ったこと/「保育園だから」起こる事故とケガ、どう対処する?/アタマジラミの駆除と予防は?/ ベビーパウダーはよくないのでは?/保育園での投薬はどうしたらいい?/夏のクーラーはこどもに有害?/ 茶髪がこどもにあたえる影響は?/ 保育士さんにいわれて気になったこと

■幼稚園生活Q&A
こどもにあった幼稚園を選ぶには/幼稚園を選んでよかったこと、困ったこと /幼稚園、いつから行かせる?/運動会の前は先生もピリピリ、気になります/親同士のつきあい、どうしたら?/ひっこみ思案の娘、集団にうもれてしまいそうで……/水イボをとらないとプールに入れない?/幼稚園で乾布摩擦をする意味って?/手の消毒にクレゾール、問題ない?

■集団生活Q&A
園での食事、お昼寝が悩みです/保育士のこんなひとこと、なんとかならない?/ 個人差を無視する指導、なんのため?/保護者会や連絡帳のない園、どうしたらいいの?/こども同士のトラブル、園はどうしようとしているの?/いま保育園・幼稚園に必要なことは?/小学校入学前の不安〈生活編〉給食、トイレ、着がえ……/小学校入学前の不安〈学習編〉読み書き、計算……

エピローグ
■「みんなで子育て!」のすすめ
迷って迷って迷ったすえに
・迷いや悩みをもったとき、どんな助けがほしい?
共働きの親は/主婦の親は/三世代同居の親は/ひとり親家庭の親は/外国人の親は/生活保護を受ける親は/病気をもつ子と暮らす親は/障害をもつ子と暮らす親は/病気をもつ親は/障害をもつ親は
親の目の届かない環境を/まんがではじめてものがたり 三歳児神話の真相/だれが神話で楽になったか?/マズったか?
三歳までの育て方/こどもをぶってしまいます/父親ってなんなのよ!?