0歳ー6歳 アレルギー・病気 ちいさい・おおきい

ちいさい・おおきい・よわい・つよい No.102

2018年2月25日
ちいさい・おおきい・よわい・つよい NO.102

2014年10月25日刊行 
山田 真 監修

特集

119番? 朝、かかりつけ医に?

熱・腹痛・ケガ……誤飲!救急BOOK!!

深夜、休日、救急に駆けこむときの見極め、救急車救急車到着の前にまわりの大人ができる手当て……小児科医、救急医を中心にお話をうかがいます。

本体価格1,200円

A5/128頁/ISBN978-4-88049-902-4

オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

Contents
No.102

連載

5
保育士・青野典子さんのからだの思い出

Topic (1) 予防接種のいま

6
続・話そう、予防接種のこと (15)
冷静で科学的な報道を
青野典子(ワクチントーク全国事務局)

Topic (2) 放射能とくらし

11
フクシマからぼくが学んだこと (10)
“歴史的事実”のあやまり
山田 真(子どもたちを放射能から守る
全国小児科医ネットワーク代表)

特集
119番? 朝、かかりつけ医に?
熱・腹痛・ケガ……誤飲! 救急BOOK!!

24
病気編(1) 熱
熱の高さより”状態”を見る
石橋涼子(小児科医)
28
病気編(2) 下痢・嘔吐
まずまず元気なら急がずに
林 敬次(小児科医)
34
病気編(3) せき
問題は呼吸ができているか
鈴木 洋(小児科医)
40
病気編(4) 鼻水・鼻づまり
めったには起きない
水谷敦子(耳鼻咽頭科医)
46
病気編(5) ひざ・足
さすったり、だっこしたり
山田 真(小児科医)
50
ぐったりってどんなこと?
精神神経科医・石川憲彦さんに聞く
60
迷ったら受診のわけ
~救える命を救うのが救急の大前提です
整形外科医・柳澤洋平さんに聞く(1)
65
ケガ・事故編(1) 誤飲・誤えん
大緊急は、”窒息”の可能性
柳澤洋平さんに聞く(2)
71
飲んだ! 詰まった!! 予防のヒント
(1)米澤澄子さんの場合
甘い薬がおやつがわり
(2)椿尾百合子さんの場合
手が届くところにタバコが
(3)中田成慶さんの場合
つまみたい、食べてみたいナッツ
76
ケガ・事故編(2) 出血、やけど、交通事故……
事故の様子で予想できることも
柳澤洋平さんに聞く(3)
81
頭を打った! 緊急度の指針
川野信之(脳外科医)
86
あれも心配、これは禁止という前に
田中哲郎(消費者庁
「子どもを事故から守るプロジェクト」アドバイザー)
93
保健室から学ぶ 救急車の呼び方・乗り方
大谷尚子(養護実践研究センター代表)
101
おわりに あわててしまうときもあるけれど
山田 真(小児科医)
108
『ち・お』創刊100号突破&『お・は』創刊80号突破記念
悩んでも・笑える『ち・お』&『お・は』子育て相談会?!!
110
編集後記
113
み・ん・なの手紙
115
chio編集部から
116
『ち・お』『お・は』を読む会リスト
118
[アピール]
原発のない日本を
124
ジャパンマシニストの本
127
『ちいさい・おおきい』
バックナンバー常備店
128
インフォメーション
ジャパンマシニスト各種お問い合わせ先

You Might Also Like