「お・は」No.103『親子で読む!東京オリンピック!ただし、アンチ』
刊行記念トークイベント

2019年1月8日

「おそい・はやい・ひくい・たかい」No.103『親子で読む!東京オリンピック!ただし、アンチ』
刊行記念トークイベント開催決定!

著者の岡崎勝さん(小学校教員)と編集協力人の熊谷晋一郎さん(小児科医)のお二人が「熱狂」や「感動」の裏にかくされたオリンピック・パラリンピックの実態とスポーツのあり方について熱く!冷静に!語ります。
日時:1月29日(火)18:30開場/19:00開演
会場:Readin’Writin’ BOOK STORE(東京メトロ銀座線田原町駅徒歩2分)
http://readinwritin.net/
参加費:1500円
お問合せ・お申込み:info@readinwritin.net または info@japama.jp
スポーツを押しつけられたくない人も、スポーツを楽しみたい人も、子どもたちといっしょにオリンピックを冷静に見つめ直してほしいのです。「誰もが素晴らしいというものには、一度立ちどまれ」なのです。(本誌「はじめに」より一部抜粋)

 

 

〈出演者プロフィール〉

岡崎勝
1952年愛知県生まれ。小学校教員。フリースクール「アーレの樹」理事。1998年より「お・は」編集人。きょうだい誌「ち・お」編集協力人も務める。著書に『ガラスの玉ねぎーこどもの姿を写し出す1年白組教室通信』『きみ、ひとを育む教師(ひと)ならばー「小学校の先生」といわれる私たちの仕事とその意味』(ともに小社刊)、『学校再発見!―子どもの生活の場をつくる』(岩波書店)など。学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。

 

 

 

熊谷晋一郎
1977年山口県生まれ。小児科医。「ち・お」編集協力人。「新生児の仮死の後遺症から脳性まひになり、以後車椅子で生活しています。幼児期から中学生くらいのあいだは、毎日リハビリに明け暮れていました。小中高校は普通学校で過ごし、大学在学中は、地域での一人暮らしを経験。卒業後は、千葉西総合病院小児科、埼玉医科大学病院小児心臓科勤務を経て、現在は東京大学先端科学技術研究センター准教授。障害や病気をもった本人が、みずからの困りごとについて「研究」する当事者研究に取り組んでいます。どうぞ、よろしくお願いいたします。」著書に『リハビリの夜』(医学書院、第9回新潮ドキュメント賞受賞作)、『臨床心理学増刊第9号 みんなの当事者研究』(編者、金剛出版)など。