11歳ー18歳 園・学校生活 暮らしと医療

佐世保事件からわたしたちが考えたこと

2018年3月11日
佐世保事件からわたしたちが考えたこと

2005年3月20日刊行 
岡崎 勝、保坂展人 編著

思春期をむかえる子と向きあう

2004年長崎県佐世保市内で起こった同級生刺殺事件。現世田谷区長のルポルタージュから、森達也、宮台真司、浜田寿美男らが事件に向き合った一冊。

本体価格1,500円

A5判/並製/160ページ/ISBN978-4-88049-144-8
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 
 
 
はじめに〈往復書簡〉
「わからないこと」を確かめながら
保坂展人 6

11 もし自分が担任だったら
岡崎

17 ルポルタージュ
佐世保市立大久保小学校の日常に何があったのか?
保坂展人

40 親と先生の声
大人たちは事件をどう受けとめたのか?

対談
46 ぼくたちはニュースを どう見たのか?
森 達也 ・岡崎 勝
58 対談
女の子たちのグループに何が起こっていたのか?
内田良子・保坂展人
68 鼎談
ネット・コミュニケーションが加害少女を追いつめたのか?
宮台真司・岡崎 勝・保坂展人

79 ルポルタージュ
家庭裁判所の審判は事件の背景を語っていたか? 保坂展人

112 親と先生の声
「親の責任」はどこにあるのか?

118 対談
加害少女への精神鑑定は何を明らかにしたのか?
石川憲彦・保坂展人
128 対談
周囲の大人たちは事件の兆候を見逃したのか?
浜田寿美男・保坂展人

138 おわりに〈往復書簡〉
子どもと一緒に生活する者の原則
岡崎 勝

148 日常の中に隠されたメッセージ
保坂展人

You Might Also Like