0歳ー6歳 11歳ー18歳 アレルギー・病気 暮らしと医療

小児科BOOK II

2018年3月11日
小児科BOOK Ⅱ うつる病気とさまざまな発疹

2007年12月20日刊行 
山田 真 著

うつる病気とさまざまな発疹

「すぐに病院?」「自宅で様子をみる?」「小児科、皮膚科どっちに行けばいいの?」など、親のとっさの判断に役立つ小児科BOOK第二弾。

本体価格1,100円

四六判並製/192ページ/ISBN978-4-88049-137-0
オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

 
 
 
 
3  まえがき

Part1
発疹の出るうつる病気
13・「ほっしん」? 「はっしん」?
・病名のつかないケース
・人に感染するウイルスは数百種類
・見わけのむつかしいウイルス
・何種類もある手足口病
・毎夏はやるヘルパンギーナ

Part2  発疹の見わけ方
27・病名を推理するには
・ウイルス感染の場合
・細菌性の病気の場合

Part3  手足口病・熱の花・かぜの花
36 ・手足のブツブツはどんな形か
・登園・登校の停止について
・まれなケースの考え方
・熱の花、かぜの花(単純ヘルペス感染症)

Part4  病名のくずかご!? 風疹
46 ・風疹の症状
・風疹の合併症
・きわめて確率の低い脳炎
・性格が変わって見えたら要注意
・もうひとつの合併症の三大症状
・風疹以外でも起こる血小板減少性紫斑病

59  コラム:風疹番外編
先天性風疹症候群
略称CRS
CRSの確率と病状

Part5  乳幼児には「めずらしい病気」麻疹
63 ・ぼくが出会うのは年に二、三回
・回復までの症状と経過

67  コラム:麻疹番外編
麻疹で大騒ぎ
大学が休講……
くり返す感染症パニック

Part6 水痘(水ぼうそう)
70 ・水痘の発疹の形
・水痘の経過
・登園、登校をどうする?
・水痘のワクチン

Part7  帯状疱疹
82 ・神経に潜伏するウイルス
・胸、顔、お尻にできる水疱
・こどもの場合

Part8  単純ヘルペス
90 ・はじめての感染、九〇パーセント以上が無症状
・発病すると高熱後、口内が赤くはれ……
・増えている? ジアノッティ症候群
・ジアノッティ症候群の治り方

Part9  突発性発疹
102・赤ちゃん元気で熱高い!?
・赤ちゃんへの感染のしかた
・ほぼ一〇〇パーセントのこどもに抗体あり
・こわい病気だと思わずに

Part10  もう一度感染症の話・溶連菌を中心に
112・迅速診断で病名がつくということ
・常にからだをとりまく溶連菌
・扁桃炎を発病したとき
・抗生物質がない時代の治療
・リウマチ熱が減ったわけ

124  チェックリスト

Part11  じんましん
129・じんましんとはなにか
・なぜ、じんましんが出るの?
・アレルギーでないじんましん
・アレルギーが原因かわからないケース
・原因は、細菌、ウイルス、ストレス、さらに……
・こどもには少ない慢性じんましん
・かゆみの抑制にはまず抗ヒスタミン剤

Part12  接触皮膚炎(かぶれ)
149・場所によって原因はさまざま
・少なくなった砂かぶれ、ズック靴皮膚炎
・口なめ皮膚炎の原因と対策

Part13  おむつかぶれ
157・しわの奥が赤いとき
・どうしてカビがくっつくか

163  コラム:おむつかぶれ番外編1
布か紙か
おむつの歴史
国中で論争が!
紙おむつはなにが問題?
ぼくが紙おむつをすすめる理由

170  コラム:おむつかぶれ番外編2
カビの話
過剰な清潔志向
カビで健康を保ってきた日本人
カビの基礎知識

177  チェックリスト

179  あとがき

182  参考文献

You Might Also Like