Browsing Category

不登園・校

7歳ー10歳 ちいさい・おおきい 不登園・校 園・学校生活 家族 法・社会 環境

ちいさい・おおきい・よわい・つよいNo.126

2020年1月7日
ちいさい・おおきい・よわい・つよい NO.125

2020年1月25日刊行
荘保共子 山森亮 湯浅誠 渡辺ゆりか 著
熊谷晋一郎 編著

特集
みんなの貧困問題。

つながりのなかで子育てをするために

「貧困」とは、「お金がない、つながりがない、その結果として自信がない」こと。多くの人に明日食べる物はあるが、誰かとの「つながり」は? と問われたら? いま子育ては孤立している。「理想」に縛られて、孤独と貧困からの出口を見失っている。出口の扉を開けるのは、理想に縛られている子育てに気づくこと。貧困と向き合う筆者たちの語りにその気づきのヒントがある。

本体価格1,600円

四六判/192頁/ISBN978-4-88049-926-0
オンライン書店でご購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

目次
03 〈ちいさい・おおきい・よわい・つよい〉
新編集人より―編集方針
熊谷晋一郎(小児科医/〈ち・お〉編集人)
みんなの貧困問題。
──つながりのなかで子育てをするために
はじめに
18 私たちの「理想」をかたどっているもの
熊谷晋一郎(小児科医/〈ち・お〉編集人)
Ⅰ「貧しさ」ってなんだろう?
24 「私は困っています」といえなくても
──「こども食堂」で広がっていること
湯浅 誠(社会活動家)
聞き手 熊谷晋一郎(小児科医)
27 「貧困」が社会問題化されるまで
35 みんなの子育てと「貧困」の重なるところ
新たな「つながり」にしか生きる道はない
Ⅱ「一人じゃどうにもならない」とき、支えになるもの
62 「物語」から始まる地域の応援団
──「孤立」した人を社会につなぐために
渡辺ゆりか(一般社団法人草の根ささえあいプロジェクト代表理事/
名古屋市若者・企業リンクサポート所長)
83 自分の力だけで生きられなくても大丈夫
──「居場所」の〝混沌〞から育まれること
荘保共子(NPO法人「こどもの里」理事長)
将来を考えるとき
102 お金がかかる子育てに、ゆとりをもたらすもの
──条件給付の基本所得(ベーシック・インカム)ってなんだ?
山森 亮(経済学者)
おわりに
117 傷つきの共有がつながりをもたらすとき
熊谷晋一郎(小児科医)
Chio通信
〈ちいさい・おおきい・よわい・つよい〉(ち・お)ってなんだ?
山田 真(小児科医/〈ち・お〉編集協力人)
125 こどもとつくってあそぼう!
ゆきげしき
127 けんさくするまえに いしかわさんに きいてみよう 連載⑪
Q プレゼントや ケーキがなくても、
たんじょうびが うれしいのは、どうして?
いしかわのりひこ(児童精神神経科医/〈ち・お〉編集協力人)
130 こどもに語る ちいさな昔話
十二支のはじまり
135 86歳、洋子さんの「いただきます」連載⑪
レシピ・ひき肉詰めピーマン+ニンジンの洋風煮こみ
エッセイ・おいしいおはなし―備前ばら寿司
富山洋子(日本消費者連盟顧問/〈ち・お〉編集協力人)
リレーエッセイ 小児科医・毛利子来がのこしたもの 最終回
141 子育て文化の遺産として
内田良子(心理カウンセラー/〈ち・お〉編集協力人)
144 ぼくたちは、しょっちゅうケンカをする仲だった
山田 真(小児科医/〈ち・お〉編集協力人)
147 リレーエッセイ 家族のかたち 第11回
流されゆく家族② さあ、生きるんだよ!
姜 信子(作家)
152 恐れず、あきらめず、楽天的 これが私の暮らしかた 新連載
美味しいパン
天笠啓祐(ジャーナリスト)
157 何がおもしろうて読むか書くか 連載⑪
続けることに意味がある―身体×社会アーカイブ
立岩真也(社会学者)
162 フクシマからぼくが学んだこと 連載33
チェルノブイリ事故(その8)
山田 真(「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」代表
/〈ち・お〉編集協力人)
167 新・幼い子のこころとくらし 最終回
テレビのキリのつけ方
内田良子(心理カウンセラー/〈ち・お〉編集協力人)
172 予防接種、基本から 連載⑪
同時接種……あきらかに、こどもに負担がかかること
青野典子(「ワクチントーク全国」事務局長/〈ち・お〉編集協力人)
177 近刊予告
178 募集します!
180 創刊のことば
182 〔アピール〕原発のない日本を
184 〈ち・お〉&〈お・は〉を読む会リスト
186 〈ち・お〉バックナンバー常備店
188 編集後記
189 〈ちいさい・おおきい・よわい・つよい〉の編集にかかわる人たち
190 インフォメーション ジャパンマシニスト各種お問いあわせ先
おそい・はやい 不登園・校

おそい・はやい・ひくい・たかい No.92

2018年2月25日
おそい・はやい・ひくい・たかい No.92

2016年7月25日刊行 
岡崎 勝 編者

特集

園児から大学生まで

 行きしぶり・不登校、親の心がまえ

子ども自身がそのときをチャンスにかえられるような、親子ともに「充実したひと休み、大切な遠回り」とふり返れる時間に。そんなヒントをお届けします。

本体価格1,200円

A5/144頁/ISBN978-4-88049-592-7

オンライン書店で購入

弊社から直接購入 >>
定期購読について >>
書店・図書館の方 >>

Contents
No.92

特集
園児から大学生まで
行きしぶり・不登校、
親の心がまえ
8
突然娘が学校に行きたくないと
いいだした そのとき母は……
漫画/野原広子
10
読者の声
いつまで続くのか、
このままでいいのか、
親の不安、いら立ちのなかで……
16

人が「しぶる」ということ
発達心理学・法心理学者 浜田寿美男
24
─大阪発・子どもたちの声から
最初は「闇のかたまり」だった。
(小二)ほか
混乱……から共感するまで
28
(1)園児・小学校低学年の場合
ストレスの源泉から離れれば
症状は消えます。
心理カウンセラー 内田良子
33
(2)小学校高学年の場合
しばらくは、本人に下駄を預けて
様子を見守る
児童精神科医 山登敬之
38
(3)中学生・高校生の場合
進路・進学の勝ち抜き方策ではなく
NPO法人フォロ事務局長 山下耕平
44
(4)大学生の場合
人生のどこかで経験する失敗や
葛藤をもちこして
教育学者 遠藤野ゆり
日常をともに過ごすとき
50
(1)気が小さく神経質かも
やがて、お母さんが自分の直感を信じて
臨床心理士 高見友理
54

(2)担任がこわい・あわない
配慮を求め、口頭や手紙で
くり返し伝える
小学校教員・本誌編集人 岡崎 勝
58
(3)友だちとトラブルがあったら
まずは、「身体の異変」に注目して
養護実践研究センター 大谷尚子
63
(4)ゲーム・スマホを手放せない
子どもの世界にもう少し近づいてみる
児童精神科医 関 正樹
67
(5)なんとなく……サボりたい?
家族だけで閉じずに、関係を開いていく
社会臨床学会運営委員 中島浩籌
71
いっしょにままならない毎日を生きていく
─「渦中」を経験した私にいえること
フリーライター 野田彩花
77
特集のおわりに
「我がありのまま」でいられる関係を
求めて
小学校教員 岡崎 勝
連載
81
小学生娘の母・みやこ小路の
ひとコマ劇場(2)
小2の寝相はダイナミック!
漫画/みやこ小路
82
男親〈父・祖父・近所のおじさん〉の
社会学(2)
国民国家レベルで世直しの処方箋を
示すのをやめたわけ
社会学者 宮台真司
89
アニメをこんなふうに観てみると(2)
『進撃の巨人』と人間にとっての
「小さな巨人」
児童文化研究者 村瀬 学
96
岡崎編集人の
ズバッといってみたりして(13)
障害をもった子とのつきあい⑶
小学校教員 岡崎 勝
101
障害のある子は、
普通学級に行けないの?(19)
高校で進級、
卒業できるようになるまで
小児科医 山田 真
107
ohaの本棚
『「あなたが大事」の伝え方
──保健室と養護学からのヒント』
(大谷尚子著)
読んだ人/小学校教員 岡崎 勝
108
山福朱実
ヤマネコ毛布絵本原画展*九州の旅
109
創刊のことば
110
編集後記
111
次号予告
112
み・ん・な・の声
114
oha編集部から
115
ジャパマ講演・イベント情報
116
募集します!
118
『ち・お』『お・は』を読む会リスト
120
[アピール]原発のない日本を
122
インフォメーション
ジャパンマシニスト各種
お問いあわせ先
123
『おそい・はやい』
バックナンバー常備店