【あしながブックサポーター】プロジェクトが進行しています。
信頼出来る情報を、必要な人へ無料で

【ジュディさん】(本を受け取る人)を募集開始です

 

創刊27年『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』と創刊22年『おそい・はやい・ひくい・たかい』は子育て、子どもの健康、教育などの分野で、30年近くに亘りマスコミでは流れない情報、親子に寄り添うメッセージや社会と繋がるためのヒントを届けてきました。
そして2021年、多くのサポーターさんの力もお借りして「信頼出来る情報を、必要な人へ」届けるプロジェクトをスタートします。
●読みたいけれど余裕がない……
小児科医の山田真さんと故毛利子来さんが中心になり、27年前に創刊した「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」。20〜40代の新たな読者からは「もっと早く知っていれば〜」「一人ぽっちでの子育てに〜」のメッセージが。また、過去の購読者でもある祖父母世代からは「親になった子どもたちにも読ませたい」「どんなに助けられたことか」とのメッセージもいただいています。
一方で、数年前から「購読料お金を回せません、購読中止します」というお声をいただくようになりました。
●孤立しがちな『子育て』環境。そして今、足りないもの
「インターネットは苦手、信頼できない」
「信頼できる情報がほしい」
「同じ悩みごとを持つ人の話が聞きたい」
「困りごと解決のヒントはない?」
ジャパンマシニストは定期刊行物・書籍を通して、わずかばかりでもお手伝いをしてこられたと自負しています。
子育て層を直撃する経済的貧困・社会からの孤立。コロナ以降急増している十代・女性の自死数。「自助」「自己責任」が強調される中、拠り所となるべき信頼できる言説・情報にたどり着くことが難しくなっています。
● 90人の【あしながブックサポーター】からあなたへ
「読みたいけど経済的に余裕がない」「予算が取れない」などの理由で定期購読が出来ない個人・団体などに、
『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』
『おそい・はやい・ひくい・たかい』
の2誌を無料でお届けします。先輩ママ、パパを中心とする多くのかたが「今必要としている人たちに届けたい」と、サポーターに名乗り出ていただいています。その数、現在90人。まだまだ、現在進行形で増え続けています。
●世代を超えて、時代に合わせて
『ちいさい・おおきい』は昨年より新たに熊谷晋一郎さん(小児科医、東大先端科学研究所)が編集人に就任し、次世代へのバトンが繋がりつつあります。
専門家と子育て当事者とで作り上げる2誌は、これからも時代を超えて一貫したメッセージを発信し続けます。
●【ジュディさん】(本を受け取る人)50人募集中
ジーン・ウェブスター作の『あしながおじさん』で支援を受ける少女の名前が“ジュディ”。
この「あしながブックプロジェクト」第1回目は50人の【ジュディさん】(本を受け取る人)を募集します(締切2021年1月末日応募多数の場合抽選)。
『ち・お』『お・は』併読で1年間に4冊お送りします。刊行月は、『ち・お』が4月と10月、『お・は』が1月と7月になります。【ジュディさん】の負担はありません。
「自分自身が助けてもらったこの雑誌を、今、本当に必要とする人に届けたい」という【あしながブックサポーター】たちの思いとともにお届けします。
 
第2回目も50人(カ所)を募集し、2021年3月末日に決まります。
以後、隔月に人数を設定して、サポート数により募集数も変動します。
●【ジュディさん】の条件は、
①経済的、予算的に、『ち・お』『お・は』の定期購読が難しい方。
②書籍を利益目的に利用しないこと
③転売をしないこと(どなたかに無償でお譲りするのは可)
④【ジュディさん】から【あしながブックサポーター】に、送本の度に受け取りの印として、メールでお礼をお伝えください。弊社からはアドレス以外の個人情報はお知らせしません。
(ただし、一部ネットをお使いでない【あしながブックサポーター】もおられますので、その際は、ご住所、お名前をお知らせしますので、お葉書でお願いします)

 
 

【ジュディさん】応募フォーム

団体名
お名前*(必須)
ふりがな*(必須)
郵便番号*(必須)
都道府県*(必須)
ご住所*(必須)
メールアドレス*(必須)
メールアドレス確認用*(必須)
TEL*(必須)
FAX
ご署名入りで応募のコメントをお願いします*(必須)

※署名は本名、匿名、イニシャル、いずれでも可。
※こちらのメッセージは、お断りなく本誌及びネット上に転載させていただく場合があります。

( )の中に入るひらがなを入力してください(迷惑防止のため)

内容に間違いがなければ「送信」をクリックしてください。