2020年9月17日

YouTube〈ジャパンマシニスト社チャンネル〉への【登録】はこちら

テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業シーズン2・3』より
(2020年冬、刊行予定)


「単位量」の基本

 「単位量という考え方を、どうして高学年でいきなりやるのかなぁ」と思う。単位量の考え方は、かけ算の入り口から「1あたり量」として教えるべきだと思うのです。
もちろん、それは数学文化の問題であって、学習指導要領をつくっている人たちの数学的センスの問題なのかもしれませんが。

  元になる量(数) × 割合(%など) = 比べる量(数)

これが基本です。ボクは高学年で「モトクラワリ(元比割)の単位量の冒険」というプリントを自作して授業をやってきました……
(『15分動画でワクワク! 小学生の授業シーズン2・3』より一部抜粋)

→「おかざき学級」時間割