2020年9月24日

YouTube〈ジャパンマシニスト社チャンネル〉への【登録】はこちら

テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業シーズン2・3』より
(2020年冬、刊行予定)


消費税の計算

 消費税については学習の題材がたくさんあります。社会科的に、税金のしくみについて学ぶことがとても重要です。(中略)
 消費税も単位量ということで考えていけるということを授業では話していますが、じつは、かけ算と割り算の考え方は、「かけ割り図」がわかればほぼ完了です。かけ算の導入では、同じ数字を累加(足していくやり方)でなく、できるだけ単位量(1あたり量×いくつ分)で教えられるといいと思っています。
 「長さ0.6mで、120gの鉄の棒がある。これが1mだと、何gになるでしょう」は、正解率がとても低い「頭がこんがらがる問題」なのです。かけ割り図で整理してみてください。
(『15分動画でワクワク! 小学生の授業シーズン2・3』より一部抜粋)

→「おかざき学級」時間割