2020年10月7日

YouTube〈ジャパンマシニスト社チャンネル〉への【登録】はこちら

テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業シーズン2・3』より
(2020年冬、刊行予定)


月の見え方と太陽の位置

 宇宙は大きすぎてなかなか実感のわかないものなのですが、だからこそいろいろな「夢」を語ることのできる授業だったのです。遠い宇宙には、地球人と同じような宇宙人がいるのだとか、ブラックホールに吸いこまれたあとはどうなるのか?」ということが、先生も子どももいっしょに話せたのです。
 夜の月を見ながら、「太陽はどのあたりから照らしているのだろうか?」とか尋ねてみてください。朝、太陽が昇ってくるときに西に浮かんでいる「白い月」を見て、「すごいなあ」と一瞬でも子どもたちが思ってくれたらいいなあと思います。現代、大人が「月と星を物語ること」を忘れてしまったのです。子どもといっしょに、夜の月や星をながめたり、夕焼けの影の長さに驚いたりしてほしいのです。
(『15分動画でワクワク! 小学生の授業シーズン2・3』より一部抜粋)

→「おかざき学級」時間割