2020年7月16日

YouTube〈ジャパンマシニスト社チャンネル〉への【登録】はこちら

テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業』より


あるけどない! 線・点・ゼロ

 定規を使って線を引くということさえ、子どもには丁寧に教えていかなければならないのです。決まっている長さの線を引いたり、点と点をむすぶ、あるいは三角形や四角形を描くということは「手取り足取り」で身につける技術です。鉛筆やものさし、消しゴムですらボクは使い方を教えてきました。新しい教科書の開き方もです。折れ目のつけ方、目次の見方、名前の書き方なども。
 そういうアナログ技術の習熟は文字や数字をわかりやすく書くことと同じくらい重要だと「小学校教師」であるボクは思っています。「気をつけ」や「前へならえ」よりも、うんと重要だと思っています。(以下つづく)
(テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業』より)

→「おかざき学級」時間割