2020年7月16日

YouTube〈ジャパンマシニスト社チャンネル〉への【登録】はこちら

テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業』より


三角形ってなに?

 低学年では「さんかく」「しかく」「ながしかく」「まる」という言い方をしていたのが、中学年になると「三角形」「正方形」「長方形」「円」などと名前をつけ直し、それだけで「ああ、むつかしい」という受けとめをする子どもが少なくありません。「言葉の難しさは理解の難しさ」というのが小学生(初心者)のならい性です。
 「図形の性質・特徴」ということが学習の中心になります。三角形は平面(二次元の世界)ではいちばん最初に考える基本の図形になります。ですから、この三角形に十分に親しんでおくことが大切なのです。親しむというのは、楽しむということだとボクは考えています。(以下つづく)
(テキスト『15分動画でワクワク! 小学生の授業』より)

→「おかざき学級」時間割